北陸成田山 |ご祈祷とお護摩|

ようこそ北陸成田山のホームページへ
北陸成田山は千葉にある大本山成田山新勝寺の北陸地方唯一の別院です
大本山成田山新勝寺 福井別院九頭龍寺

ご祈祷とお護摩



加持祈祷

加持とは、真言宗に於いて大変大切な事柄のひとつであり、弘法大師もその著「即身成仏儀」の中で「仏日の影、衆生の心水に現ずるを加といい 行者の心水よく仏日を感ずるを持と名づく」と、とかれています。
これは、ご本尊不動明王は常に私達を、救い導くために大慈悲の働きかけを起こされているので、私達は、この働きかけのみ心を感じ、心にしっかりと受け止め、ご本尊不動明王に対する信仰を持ち続けることにより、人智では計り知れない摩訶不思議な霊験、ご利益を受けることが出来るのです。
当山では、この加持のご祈祷を随時厳修いたしております。


お護摩

護摩とは不動明王をご本尊とし、その前に壇を設け、色々な供物を捧げ、護摩木という特別 につくられた薪をたいて不動明王に祈る真言密教の秘法です。
護摩の火は不動明王の智慧を象徴し、薪は煩悩を表しています。護摩の祈願を通 じて僧侶は薪という煩悩を不動明王の智慧の炎で焼き尽くし、信徒共に、信徒の願が清浄な願として高まり成就することを祈ります。
このような護摩修行を願った信徒には、護摩札が授けられます。信徒の姓名と願意が記され、護摩の火にあてて祈念をこめた護摩札は、不動明王の霊徳を宿し、不動明王を象徴しています。